MERSも無償で治療が可能…感染症患者が集まる国ニッポン

公開日:  更新日:

「MERSコロナウイルス」の日本人の隔離対象者2人が今月10日、韓国から帰国していたことが分かり、大騒ぎになっている。

 ロシアでも、極東沿岸地方在住者が、MERS感染者に接触したとして自宅隔離していると明らかにした。両国ともいまのところ症状は出ていないが、“感染疑い者”が空港の検疫を簡単にすり抜けられることが証明されたわけだ。

 日本はMERSに限らず、感染症患者にとって“メリットだらけ”の国という。その理由のひとつが、「感染症医療費助成制度」。厚労省は1月、MERSが国内で発症した場合、患者の強制入院を可能とする「2類感染症」に指定した。感染症法に基づき、国や都道府県は入院負担金を支払う義務がある。対象に国籍条項はないため、一般の外国人観光客も“無料”で治療が受けられるのだ。

「日本は、MERSをはじめ、エボラ出血熱、SARS、鳥インフルなどが指定感染症になっています。医療技術や薬のレベルも高く、医療費が無料のため、国際的にビジネスの“標的”となっているのです。入国してしまえば、病気を理由に送り返す法律がありません」(感染管理に詳しい中国・長沙民政職業技術学院の伊藤茂教授=遺体管理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る