築30年超 感染研の老朽施設で「エボラウイルス」扱えるのか

公開日:  更新日:

 世界中を震撼させているエボラ出血熱。現在は収束に向かいつつあるが、WHOは「感染者数をゼロにするにはまだ多くの課題がある」と危機感をあらわにしている。

 エボラウイルスなど危険性の高い病原体を扱えるのは、WHOが定める「バイオセーフティーレベル(BSL)」の最高位「BSL4」にランクされる施設だけ。19カ国で41施設が稼働しているが、日本では未稼働だ。

 そこで、国内で「有力候補」として急浮上しているのが、国立感染症研究所村山庁舎(東京・武蔵村山市)だ。昨年11月に塩崎厚労相が施設を訪問。先月20日には現地で初会合が開催された。ところが、この村山庁舎は81年に建てられた施設。近隣に小学校や市民センターなどが立ち並ぶ住宅密集地で、地下には立川断層も走っている。

「BSL4施設は頑丈な建物構造に加え、万全のセキュリティー対策が欠かせません。さらに緊急搬送用のヘリポートの設置や、高速道路に近いことも必須条件です。ところが村山庁舎は狭く、実験室の作業も一昔前のグローブボックス型。とても強毒性ウイルスを扱える施設ではありませんよ」(国立大医学部関係者)

「BSL4施設」については長崎大も設置を検討している。村山庁舎とどちらがいいのか。今後、波紋を呼びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る