観光客増で感染拡大…虫や動物の猛威で日本は“緊張の夏”に

公開日:  更新日:

 エボラ出血熱の感染が疑われた福岡県の40代男性は検査の結果、18日、陰性が判明した。“震源地”の西アフリカ・ギニアから帰国して8日後の17日深夜、38.6度の熱と頭痛などの症状が見られたため、福岡東医療センターに入院したが、セーフだった。

 エボラといい、デング熱といい、夏になると熱帯の感染症に振り回される。エボラは、コウモリにいるウイルスが“犯人”で、デング熱は蚊がウイルスを媒介する。厚労省や都道府県は、拡大阻止に必死だが、ちょっと心もとない。

 東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏(感染症学)が言う。

「人間同士で感染し合うウイルスは、人間を隔離すれば駆逐できます。その典型が天然痘です。しかし、虫や動物が媒介するウイルスは無理。虫や動物を一網打尽にできないためです。米国は、西ナイル熱を媒介する蚊の封じ込めに失敗。今も感染は続いているように、デング熱対策で防虫剤を散布しても意味がありません。空港などの温度チェックも怪しい。エボラウイルスの潜伏期間は最大20日ほどで、未発症のまますり抜けられる恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る