• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

観光客増で感染拡大…虫や動物の猛威で日本は“緊張の夏”に

 エボラ出血熱の感染が疑われた福岡県の40代男性は検査の結果、18日、陰性が判明した。“震源地”の西アフリカ・ギニアから帰国して8日後の17日深夜、38.6度の熱と頭痛などの症状が見られたため、福岡東医療センターに入院したが、セーフだった。

 エボラといい、デング熱といい、夏になると熱帯の感染症に振り回される。エボラは、コウモリにいるウイルスが“犯人”で、デング熱は蚊がウイルスを媒介する。厚労省や都道府県は、拡大阻止に必死だが、ちょっと心もとない。

 東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏(感染症学)が言う。

「人間同士で感染し合うウイルスは、人間を隔離すれば駆逐できます。その典型が天然痘です。しかし、虫や動物が媒介するウイルスは無理。虫や動物を一網打尽にできないためです。米国は、西ナイル熱を媒介する蚊の封じ込めに失敗。今も感染は続いているように、デング熱対策で防虫剤を散布しても意味がありません。空港などの温度チェックも怪しい。エボラウイルスの潜伏期間は最大20日ほどで、未発症のまますり抜けられる恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る