<第1回>対話力伸ばす習慣 医学部合格の近道は“毎日の質問攻め”

公開日:  更新日:

 今週は東大、京大が合格発表を迎える。受験シーズンは一服だ。同時に新たな一年の始まりでもある。受験生を抱えるサラリーマンは気苦労が多くなるだろうが、そのずっと前から、我が子が志望校に受かるためにできることがある。親にとっての受験必勝の鉄則を紹介する。

■医学部は「入学試験=就職試験」

 いつの時代も、最難関で人気1位は医学部である。少子化で大学受験者が減る中でも唯一、志願者を増やしている。私学に至っては、15年以上も連続して増加だ。狭き門のように思えるが、子どもに諦めさせる必要はない。「偏差値20台から医学部合格したけど、何か質問ある?」の著者で、メディカルラボ本部教務統括の可児良友氏がこう言う。

「確かに医学部の偏差値は20年前に比べ、平均5~10は上がっていて、現在の合格水準は70とされます。ただ、一般の学部と違って、医学部の試験は、模擬試験の結果と入試が直結しないのが特徴。模試の合格判定が悪くても、対策次第では合格は可能なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る