<第1回>対話力伸ばす習慣 医学部合格の近道は“毎日の質問攻め”

公開日: 更新日:

 今週は東大、京大が合格発表を迎える。受験シーズンは一服だ。同時に新たな一年の始まりでもある。受験生を抱えるサラリーマンは気苦労が多くなるだろうが、そのずっと前から、我が子が志望校に受かるためにできることがある。親にとっての受験必勝の鉄則を紹介する。

■医学部は「入学試験=就職試験」

 いつの時代も、最難関で人気1位は医学部である。少子化で大学受験者が減る中でも唯一、志願者を増やしている。私学に至っては、15年以上も連続して増加だ。狭き門のように思えるが、子どもに諦めさせる必要はない。「偏差値20台から医学部合格したけど、何か質問ある?」の著者で、メディカルラボ本部教務統括の可児良友氏がこう言う。

「確かに医学部の偏差値は20年前に比べ、平均5~10は上がっていて、現在の合格水準は70とされます。ただ、一般の学部と違って、医学部の試験は、模擬試験の結果と入試が直結しないのが特徴。模試の合格判定が悪くても、対策次第では合格は可能なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る