【サミットストア】店長800万、ブロックマネなら1000万円

公開日: 更新日:

「薄利多売の商売ですが、業績は安定していますし、ベースアップもありました。忙しいですが、同業大手と比べても遜色のない給与ですし、とくに不満はありません」

 こう語るのは食品スーパーのサミットストアのMさん(39)。東京を中心に首都圏で113店舗を展開。業界では中堅だが、住友商事の100%子会社として1963年に設立した日本初の本格スーパーの歴史を誇る。2016年3月期決算の売上高は約2460億円。昨年は約2700円のベースアップも実施している。

 Mさんの月給は約40万円。この中には妻と子供1人の家族手当の2万円と役付き手当の1万円も含まれている。昨年のボーナスは夏が約80万円、冬が約120万円で、年収は約680万円だ。

「労働組合もありますし、住友商事グループということもあって他の小売業に比べても高いほうだと思っています。実力主義の賃金体系になっていますし、昇進すれば給与も上がります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る