バブル再燃あるか 「ポケモンGO」に大幅アップデート情報

公開日:  更新日:

「レアもののポケモンが出た」と、3連休のお台場は大混乱になった。根強い人気のポケモンGOだが、近々、大幅なアップデートがあるとネット上でウワサされ、兜町関係者も「ポケモンGOバブル再燃か」と色めき立っている。

 きっかけは、ポケGOを運営する米ナイアンティック社のジョン・ハンケCEOのコメント。

「ハンケ氏は15日の海外メディアのインタビューで、プレーヤー同士の対戦システムを大きく変えると話していました。ポケモンの種類を100体増やす、ポケモンが交換できるようになるなど大幅なアップデートに期待が高まっています。ハンケ氏は時期を明言しなかったものの、年内にあるとみられています」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

 日本のポケGO配信から22日で2カ月だ。ネットの行動分析サービスを提供するヴァリューズによると、国内のダウンロード数は8月末時点で約1740万。アクティブユーザー数は約400万人で、25%近い。ただ、30、40代は継続してプレーする傾向があるが、若年層は減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る