日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

課金にも不満…「ポケモンGO」に冷ややか中高生の言い分

 15~19歳のプレー率は51.2%――。なんの数字かというと、スマホゲーム「ポケモンGO」をプレーした人の年代別割合のうち、10代後半の数字だ。ほぼ2人に1人の10代後半がプレー率トップなのは予想通りだが、学生の夏休みに合わせてリリースされた割に少なくないか。実は、中高生はポケモンに冷めているという。

 東京・練馬の高3女子が言う。

「私の周りでポケモンやっている子はいないよ。来年、受験だし。友達とは『そんなヒマないよね』って話してる。部活の後輩たちでも、3割くらい。そんな後輩も7月中には飽きちゃって、ほぼ放置プレーだよね」

 そう言われてみると、街中や公園などでスマホにクギづけでポケモンに夢中なのは、サラリーマンやOLだったりする。

 13歳未満不可の年齢制限に引っかかる中野の中1男子はまだやったことがないのに、ポケモンGOはイメージが悪いそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事