DLランキング首位転落 「ポケモンGO」ブームもう終了か

公開日:  更新日:

 世界1億ダウンロード(DL)達成なんて騒いでいる「ポケモンGO」。警察庁によると、国内配信が始まった先月22日から今月2日までの12日間で、プレーしながら脇見運転などの交通違反の摘発件数は、実に727件に上る。狂騒は続いているようだが、一方で「早くもブーム終了か」という声もある。

 ポケGOのApp Storeの「DLランキング」と「セールスランキング」が先月末、ともに首位から転落してしまったのだ。

「配信と同時に一気に殺到したので、先行配信した米国と同様、1週間ほどで勢いにかげりが出ても不思議じゃない。業界内でも『ライトユーザーはそろそろ離れていくころだろう』ともっぱらです」(ゲーム雑誌編集者)

 自称ポケGOマニアの40代IT業界関係者もこう指摘する。

「強いモンスターがゲットしやすくなるレベル20になるまでは、単純計算で500匹のモンスターを捕まえる必要があります。マニアの間ではレベル20でやっとスタート地点といわれますが、どんなにやり込んでも1日に100匹がせいぜいで、話題だからと飛びついた“にわかファン”にとっては苦行でしかない。それに、GPSにつなぎっ放しのポケGOはものすごくバッテリーを消費します。数時間で切れる。仕事でもスマホを使うサラリーマンが続けるのは難しいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る