DLランキング首位転落 「ポケモンGO」ブームもう終了か

公開日:  更新日:

 世界1億ダウンロード(DL)達成なんて騒いでいる「ポケモンGO」。警察庁によると、国内配信が始まった先月22日から今月2日までの12日間で、プレーしながら脇見運転などの交通違反の摘発件数は、実に727件に上る。狂騒は続いているようだが、一方で「早くもブーム終了か」という声もある。

 ポケGOのApp Storeの「DLランキング」と「セールスランキング」が先月末、ともに首位から転落してしまったのだ。

「配信と同時に一気に殺到したので、先行配信した米国と同様、1週間ほどで勢いにかげりが出ても不思議じゃない。業界内でも『ライトユーザーはそろそろ離れていくころだろう』ともっぱらです」(ゲーム雑誌編集者)

 自称ポケGOマニアの40代IT業界関係者もこう指摘する。

「強いモンスターがゲットしやすくなるレベル20になるまでは、単純計算で500匹のモンスターを捕まえる必要があります。マニアの間ではレベル20でやっとスタート地点といわれますが、どんなにやり込んでも1日に100匹がせいぜいで、話題だからと飛びついた“にわかファン”にとっては苦行でしかない。それに、GPSにつなぎっ放しのポケGOはものすごくバッテリーを消費します。数時間で切れる。仕事でもスマホを使うサラリーマンが続けるのは難しいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る