• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政府も注意 「ポケモンGO」が“出会い系アプリ”と化す?

 任天堂のスマホ用アプリ「ポケモンGO」がいよいよ日本に上陸した。

 プレーヤーは街中でモンスターを見つけ、それを鍛えて対戦する。モンスターは「交換」もできるし、他人とチームを組んで戦ったりもできる。

 ゲームにまったく興味のない人にはナンのこっちゃだが、これが史上最強の“出会い系アプリ”だと知ったら、無関心ではいられない。

「いま最も心配されているのが、その点です。出会い系アプリには手を出さない女子児童や中高生も、ポケモンGOだと初対面の相手でも同じゲーム仲間として警戒心が薄れる可能性がある。見知らぬ男女が出会えるという点では何ら出会い系アプリと変わりませんので、ロリコン趣味の男性たちは率先してポケモンGOを利用すると考えられます」(風俗ジャーナリストの村上行夫氏)

 すでにアメリカでは、ポケモンGOを一緒に楽しむプレーヤーを探し、出会える時間と場所を伝える専門アプリまで登場している。初回は無料だが、2回目以降は20ドルとかなり“出会い系”を意識したかのような高額サービス。当然ながら、日本でも似たようなアプリが出てくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る