政府も注意 「ポケモンGO」が“出会い系アプリ”と化す?

公開日: 更新日:

 任天堂のスマホ用アプリ「ポケモンGO」がいよいよ日本に上陸した。

 プレーヤーは街中でモンスターを見つけ、それを鍛えて対戦する。モンスターは「交換」もできるし、他人とチームを組んで戦ったりもできる。

 ゲームにまったく興味のない人にはナンのこっちゃだが、これが史上最強の“出会い系アプリ”だと知ったら、無関心ではいられない。

「いま最も心配されているのが、その点です。出会い系アプリには手を出さない女子児童や中高生も、ポケモンGOだと初対面の相手でも同じゲーム仲間として警戒心が薄れる可能性がある。見知らぬ男女が出会えるという点では何ら出会い系アプリと変わりませんので、ロリコン趣味の男性たちは率先してポケモンGOを利用すると考えられます」(風俗ジャーナリストの村上行夫氏)

 すでにアメリカでは、ポケモンGOを一緒に楽しむプレーヤーを探し、出会える時間と場所を伝える専門アプリまで登場している。初回は無料だが、2回目以降は20ドルとかなり“出会い系”を意識したかのような高額サービス。当然ながら、日本でも似たようなアプリが出てくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る