政府も注意 「ポケモンGO」が“出会い系アプリ”と化す?

公開日:  更新日:

 任天堂のスマホ用アプリ「ポケモンGO」がいよいよ日本に上陸した。

 プレーヤーは街中でモンスターを見つけ、それを鍛えて対戦する。モンスターは「交換」もできるし、他人とチームを組んで戦ったりもできる。

 ゲームにまったく興味のない人にはナンのこっちゃだが、これが史上最強の“出会い系アプリ”だと知ったら、無関心ではいられない。

「いま最も心配されているのが、その点です。出会い系アプリには手を出さない女子児童や中高生も、ポケモンGOだと初対面の相手でも同じゲーム仲間として警戒心が薄れる可能性がある。見知らぬ男女が出会えるという点では何ら出会い系アプリと変わりませんので、ロリコン趣味の男性たちは率先してポケモンGOを利用すると考えられます」(風俗ジャーナリストの村上行夫氏)

 すでにアメリカでは、ポケモンGOを一緒に楽しむプレーヤーを探し、出会える時間と場所を伝える専門アプリまで登場している。初回は無料だが、2回目以降は20ドルとかなり“出会い系”を意識したかのような高額サービス。当然ながら、日本でも似たようなアプリが出てくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る