政府も注意 「ポケモンGO」が“出会い系アプリ”と化す?

公開日: 更新日:

 任天堂のスマホ用アプリ「ポケモンGO」がいよいよ日本に上陸した。

 プレーヤーは街中でモンスターを見つけ、それを鍛えて対戦する。モンスターは「交換」もできるし、他人とチームを組んで戦ったりもできる。

 ゲームにまったく興味のない人にはナンのこっちゃだが、これが史上最強の“出会い系アプリ”だと知ったら、無関心ではいられない。

「いま最も心配されているのが、その点です。出会い系アプリには手を出さない女子児童や中高生も、ポケモンGOだと初対面の相手でも同じゲーム仲間として警戒心が薄れる可能性がある。見知らぬ男女が出会えるという点では何ら出会い系アプリと変わりませんので、ロリコン趣味の男性たちは率先してポケモンGOを利用すると考えられます」(風俗ジャーナリストの村上行夫氏)

 すでにアメリカでは、ポケモンGOを一緒に楽しむプレーヤーを探し、出会える時間と場所を伝える専門アプリまで登場している。初回は無料だが、2回目以降は20ドルとかなり“出会い系”を意識したかのような高額サービス。当然ながら、日本でも似たようなアプリが出てくるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る