“大人のハロウィーン”ブーム コスプレ女子とどう出会う?

公開日:  更新日:

“大人のハロウィーン”がブームになりつつある。昨年、サッポロビールが実施したアンケートによると、仮装イベントに参加したり、カボチャ料理などを作ったりする人は、男女問わず30代で79.3%、40代は64.2%に上る。大人がハマる日本流ハロウィーンの楽しみ方を探った。

「“興味がない”と思っている人もたくさんいるでしょうが、ハロウィーンはもはや国民的季節行事。有効活用しない手はありません。ハロウィーンを口実にして出会いの場をつくってもいいし、パーティーなどのイベントもたくさんあります。ネットで検索してみると楽しいですよ」(恋愛エッセイストの潮凪洋介氏)

 かく言う潮凪氏も、東京湾でクルージングなどを楽しめるイベント「天王洲大人のハロウィンジャンボリー」を10月下旬に開催する。ただ、コスプレ経験がないオジサンはどんな仮装をすればいいか分からないし、ガチのアニメ好きと対峙しなくてはならないかも知れないのは不安だ。どうすればいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る