“大人のハロウィーン”ブーム コスプレ女子とどう出会う?

公開日: 更新日:

“大人のハロウィーン”がブームになりつつある。昨年、サッポロビールが実施したアンケートによると、仮装イベントに参加したり、カボチャ料理などを作ったりする人は、男女問わず30代で79.3%、40代は64.2%に上る。大人がハマる日本流ハロウィーンの楽しみ方を探った。

「“興味がない”と思っている人もたくさんいるでしょうが、ハロウィーンはもはや国民的季節行事。有効活用しない手はありません。ハロウィーンを口実にして出会いの場をつくってもいいし、パーティーなどのイベントもたくさんあります。ネットで検索してみると楽しいですよ」(恋愛エッセイストの潮凪洋介氏)

 かく言う潮凪氏も、東京湾でクルージングなどを楽しめるイベント「天王洲大人のハロウィンジャンボリー」を10月下旬に開催する。ただ、コスプレ経験がないオジサンはどんな仮装をすればいいか分からないし、ガチのアニメ好きと対峙しなくてはならないかも知れないのは不安だ。どうすればいいのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る