息子を溺愛する“ムスコンママ” どんな女性が予備軍に?

公開日:  更新日:

 息子を溺愛してやまない母親をムスコンと呼ぶそうだ。息子コンプレックスでムスコン。経済誌ダイヤモンドもオンライン版の「JAPAN Another Face」9月24日付で取り上げていて、その一節には3歳の息子のオムツを替えるママ(37)が、“アレ”にキスするシーンが描写されているが、過激なムスコンママは現実にいるという。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「相談者の中にも、ムスコンママはいます。『変な女に大事な息子を取られたくないから、彼女ができたら家に乗り込んで別れさせる』と断言した上、『童貞は私が頂く』と言ってのける。目が笑っていなくて本気も本気なんです」

 子供がかわいいのは当たり前だが、ムスコンママは何かと不慣れな息子への過保護ぶりを夫に注意されると開き直る。「やり方が分からない息子に手をかして何が悪い。親として当然よ」と。息子はママに言われた通りにすることが楽で、ママは指示に従う息子をさらに溺愛する。そうやって共に依存し、ムスコンママは、息子を理想の男に育て上げるのが夢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る