“18禁”や京都旅館風も…ネットカフェが進化していた

公開日:  更新日:

 終電を逃したからネットカフェにでも泊まるか。せっかくなので、「進化系ネットカフェ」はどうだろう。

「これは使える」と、飲み助が“もしもの場所”として押さえているのが、東京・池袋の「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ)」だ。オープンは昨年8月。

 特徴はいくつかある。まず、「18歳以上」と限定されており、いわゆる“オコチャマ”はシャットアウトされている。

「大人の空間」にふさわしく、店内にはアルコールバーが設置されている。1時間1000円(超えれば、10分100円)で、約20種類のアルコールメニューをセルフで楽しめる。

 別料金になるが、「ブーブ・クリコ」や「モエ・エ・シャンドン」といった高級シャンパンのボトルもあり。残念ながら深夜0時を過ぎての利用はできないが、利用経験者の30代女性は「不倫相手の彼とバー感覚で。すっごくゆったりできました」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る