• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“18禁”や京都旅館風も…ネットカフェが進化していた

 終電を逃したからネットカフェにでも泊まるか。せっかくなので、「進化系ネットカフェ」はどうだろう。

「これは使える」と、飲み助が“もしもの場所”として押さえているのが、東京・池袋の「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ)」だ。オープンは昨年8月。

 特徴はいくつかある。まず、「18歳以上」と限定されており、いわゆる“オコチャマ”はシャットアウトされている。

「大人の空間」にふさわしく、店内にはアルコールバーが設置されている。1時間1000円(超えれば、10分100円)で、約20種類のアルコールメニューをセルフで楽しめる。

 別料金になるが、「ブーブ・クリコ」や「モエ・エ・シャンドン」といった高級シャンパンのボトルもあり。残念ながら深夜0時を過ぎての利用はできないが、利用経験者の30代女性は「不倫相手の彼とバー感覚で。すっごくゆったりできました」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る