“18禁”や京都旅館風も…ネットカフェが進化していた

公開日:  更新日:

 終電を逃したからネットカフェにでも泊まるか。せっかくなので、「進化系ネットカフェ」はどうだろう。

「これは使える」と、飲み助が“もしもの場所”として押さえているのが、東京・池袋の「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ)」だ。オープンは昨年8月。

 特徴はいくつかある。まず、「18歳以上」と限定されており、いわゆる“オコチャマ”はシャットアウトされている。

「大人の空間」にふさわしく、店内にはアルコールバーが設置されている。1時間1000円(超えれば、10分100円)で、約20種類のアルコールメニューをセルフで楽しめる。

 別料金になるが、「ブーブ・クリコ」や「モエ・エ・シャンドン」といった高級シャンパンのボトルもあり。残念ながら深夜0時を過ぎての利用はできないが、利用経験者の30代女性は「不倫相手の彼とバー感覚で。すっごくゆったりできました」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る