“前言撤回”の続発で管理職の信頼が失われる

公開日: 更新日:
また昨日と言うことが違うと…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 トランプの発言には、米国民はもとより諸外国までもが振り回されっ放しだ。

 例えば、選挙公約。当初はイスラム国撲滅を訴え、「イスラム教徒全体を流入させるな」と息巻いた。それが選挙後には、「テロリストの流入禁止」とトーンダウン。低所得者向けの医療保険制…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る