なぜだ? フォアグラ入手困難で羽毛布団が高騰する不思議

公開日:

 ブラジル産鶏肉の安全性が疑われる事態を受け、厚生労働省は水際対策を強化している。現地で捜査対象となった施設で処理・加工・製造された畜産食品は、輸入をストップ。そのほかの施設が関与した食品についても、貨物を留めおいて衛生状態の検査をしている。事実上、ブラジル産は日本に上陸できないような状態だ。

 もっとも、日本の国境をまたげない鶏肉はブラジル産だけではない。料理研究家の山中裕美氏が言う。

「ここ2年ほど、フランスの家禽類は日本に入ってきていません。ニワトリはもちろんウズラ、鴨もダメ。そのため、ジビエの季節は、猪か鹿のメニューばかりでした。この間に10回ほどインフルエンザが発生した影響で、輸入がストップしているのです」

 おかげで日本中のフランス料理店は大打撃を受けているようだが、高級食材も手に入らなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る