なぜだ? フォアグラ入手困難で羽毛布団が高騰する不思議

公開日:

 ブラジル産鶏肉の安全性が疑われる事態を受け、厚生労働省は水際対策を強化している。現地で捜査対象となった施設で処理・加工・製造された畜産食品は、輸入をストップ。そのほかの施設が関与した食品についても、貨物を留めおいて衛生状態の検査をしている。事実上、ブラジル産は日本に上陸できないような状態だ。

 もっとも、日本の国境をまたげない鶏肉はブラジル産だけではない。料理研究家の山中裕美氏が言う。

「ここ2年ほど、フランスの家禽類は日本に入ってきていません。ニワトリはもちろんウズラ、鴨もダメ。そのため、ジビエの季節は、猪か鹿のメニューばかりでした。この間に10回ほどインフルエンザが発生した影響で、輸入がストップしているのです」

 おかげで日本中のフランス料理店は大打撃を受けているようだが、高級食材も手に入らなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る