「要介護1、2」でも可能性 特養入居が認められるケースは

公開日: 更新日:

「部屋が空きましたが、入居されますか?」――申し込んだ特別養護老人ホームからラッキーな連絡を受けたが、親はすでに亡くなっていた。そんな笑うに笑えない経験をさせられた人もいる。

 先日発表された厚労省の最新調査によると、特養の入居要件が「要介護3以上」に厳格化されたことで、“順番待ち”の人数は36万6000人と16万人近く減っている。それでも絶望的な状況に変わりはないし、条件から外れた要介護2以下の親を持つ人にとっては、ショックが大きいだろう。しかし、諦めることはない。チャンスがあるという。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。

「入居要件はあくまでも原則ですから、要介護1と2でも特養に入居できる可能性があります。その一つが、介護される人に認知症がある場合。特に老老介護で、どちらかが認知症だと、認められる確率がグンと高まります。認められるかどうかは緊急度の問題で、独居の人も認められるケースがある。それなのに『要介護2以下はダメだ』と諦めて、申し込みさえしていないケースが目立つのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る