• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「要介護1、2」でも可能性 特養入居が認められるケースは

「部屋が空きましたが、入居されますか?」――申し込んだ特別養護老人ホームからラッキーな連絡を受けたが、親はすでに亡くなっていた。そんな笑うに笑えない経験をさせられた人もいる。

 先日発表された厚労省の最新調査によると、特養の入居要件が「要介護3以上」に厳格化されたことで、“順番待ち”の人数は36万6000人と16万人近く減っている。それでも絶望的な状況に変わりはないし、条件から外れた要介護2以下の親を持つ人にとっては、ショックが大きいだろう。しかし、諦めることはない。チャンスがあるという。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。

「入居要件はあくまでも原則ですから、要介護1と2でも特養に入居できる可能性があります。その一つが、介護される人に認知症がある場合。特に老老介護で、どちらかが認知症だと、認められる確率がグンと高まります。認められるかどうかは緊急度の問題で、独居の人も認められるケースがある。それなのに『要介護2以下はダメだ』と諦めて、申し込みさえしていないケースが目立つのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る