「要介護1、2」でも可能性 特養入居が認められるケースは

公開日: 更新日:

「部屋が空きましたが、入居されますか?」――申し込んだ特別養護老人ホームからラッキーな連絡を受けたが、親はすでに亡くなっていた。そんな笑うに笑えない経験をさせられた人もいる。

 先日発表された厚労省の最新調査によると、特養の入居要件が「要介護3以上」に厳格化されたことで、“順番待ち”の人数は36万6000人と16万人近く減っている。それでも絶望的な状況に変わりはないし、条件から外れた要介護2以下の親を持つ人にとっては、ショックが大きいだろう。しかし、諦めることはない。チャンスがあるという。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。

「入居要件はあくまでも原則ですから、要介護1と2でも特養に入居できる可能性があります。その一つが、介護される人に認知症がある場合。特に老老介護で、どちらかが認知症だと、認められる確率がグンと高まります。認められるかどうかは緊急度の問題で、独居の人も認められるケースがある。それなのに『要介護2以下はダメだ』と諦めて、申し込みさえしていないケースが目立つのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る