「要介護1、2」でも可能性 特養入居が認められるケースは

公開日:

「部屋が空きましたが、入居されますか?」――申し込んだ特別養護老人ホームからラッキーな連絡を受けたが、親はすでに亡くなっていた。そんな笑うに笑えない経験をさせられた人もいる。

 先日発表された厚労省の最新調査によると、特養の入居要件が「要介護3以上」に厳格化されたことで、“順番待ち”の人数は36万6000人と16万人近く減っている。それでも絶望的な状況に変わりはないし、条件から外れた要介護2以下の親を持つ人にとっては、ショックが大きいだろう。しかし、諦めることはない。チャンスがあるという。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長が言う。

「入居要件はあくまでも原則ですから、要介護1と2でも特養に入居できる可能性があります。その一つが、介護される人に認知症がある場合。特に老老介護で、どちらかが認知症だと、認められる確率がグンと高まります。認められるかどうかは緊急度の問題で、独居の人も認められるケースがある。それなのに『要介護2以下はダメだ』と諦めて、申し込みさえしていないケースが目立つのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る