定着した付録付き雑誌 最も“オマケ好き”は何県出身者?

公開日: 更新日:

 書店の雑誌コーナーには、各社の最新刊が並ぶ。新年度とあって昼休みや会社帰りに立ち読みするサラリーマンは多い。その雑誌で最近、付録付きの男性用雑誌が当たり前になってきた。

「女性誌は10年近く前に大ブームになって、いまや付録がない雑誌がないくらい。店頭に見本を出す書店もあります。商品を見て購入に走るお客さんも多いようです」(東京都中央区の書店店主)

 男性誌の付録は、ここ1~2年ほどで定着してきた。付録の中身は、女性誌のそれがトートバッグや化粧ポーチなどが多いのに対し、男性誌は、ファッション系ではリュックやコインケース、スマホケースなど、ライフスタイル系では手帳や万年筆なんてのもあった。

 実際、書店にあった最新の2誌を購入してみると、ディッキーズのリュック(「smart」=宝島社)と、トートバッグ(「サライ」=小学館)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る