SNS世代は逆に新鮮 「父の日電報」人気急上昇の背景

公開日:

 父の日が日曜の18日に迫っている。とはいえ、母の日に比べて極端にカゲは薄く、ある調査で「贈り物などお祝いをする」という回答は29%しかなかった。歴史的に見ても母の日の二番煎じは明らかで、それでも世のお父さんたちから不平不満の声は聞かれない。マルチアンサーが父親に「子どもからしてもらいたいことは何か?」と聞いたところ、「感謝の言葉」「手紙をもらう」が圧倒的に多く、プレゼントが欲しいというのは少数意見だった。

 ただ、息子や娘の側から見れば、「今さら面と向かって感謝を伝えるのは恥ずかしい」という思いが先に立つ。だからといって、手紙を書くというのも面倒だ。

 そこで、その中間を狙った“電報”を送る子供たちが増えているという。例えば、普段は祝電や弔電のサービスを行う「VERY CARD」(ヒューモニー)では、昨年の「父の日」用途の電報が前年比3割増を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る