妻や部下への愛情表現 男女問題研研究家が推す“お手本”は

公開日: 更新日:

 ナデタッチは、指先でそっと髪をなでるしぐさのこと。ナデナデほどじっとりせず、軽いのが特徴で、最近の若い女性は好きな男性にナデタッチされると喜ぶという。中島みゆきのアルバム「愛していると云ってくれ」が大ヒットしたころから、いつの時代も女性は愛情表現を求めているということか。

 来月から始まるTBS系の日曜劇場は「ごめん、愛してる」。13年も前に放送された韓国ドラマがここにきてリメークされたのも、そんな風潮を反映したのかもしれない。「妻にそんなこと言えるわけない」という照れ屋サンにはつらいだろうが、工夫次第で精神的なハードルは越えられる。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「中島みゆきさんのアルバムタイトルは、女性にとって永遠のテーマですよ。そういう言葉で相手の気持ちを確認して、安心したい。ただそれだけ。だから、愛情表現が上手な俳優として女性に人気の舘ひろしさんみたいに気持ちを言葉で伝えられたらいいですが、一般の男性には難しい。そこで、お勧めはカラオケです。それっぽい曲を歌えばいい。たとえば、『いとしのエリー』『空に太陽がある限り』など何でもいい。歌う前に『この曲、いつもの感謝の気持ち』とつけ加えたら、なおよしです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る