• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻や部下への愛情表現 男女問題研研究家が推す“お手本”は

 ナデタッチは、指先でそっと髪をなでるしぐさのこと。ナデナデほどじっとりせず、軽いのが特徴で、最近の若い女性は好きな男性にナデタッチされると喜ぶという。中島みゆきのアルバム「愛していると云ってくれ」が大ヒットしたころから、いつの時代も女性は愛情表現を求めているということか。

 来月から始まるTBS系の日曜劇場は「ごめん、愛してる」。13年も前に放送された韓国ドラマがここにきてリメークされたのも、そんな風潮を反映したのかもしれない。「妻にそんなこと言えるわけない」という照れ屋サンにはつらいだろうが、工夫次第で精神的なハードルは越えられる。男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「中島みゆきさんのアルバムタイトルは、女性にとって永遠のテーマですよ。そういう言葉で相手の気持ちを確認して、安心したい。ただそれだけ。だから、愛情表現が上手な俳優として女性に人気の舘ひろしさんみたいに気持ちを言葉で伝えられたらいいですが、一般の男性には難しい。そこで、お勧めはカラオケです。それっぽい曲を歌えばいい。たとえば、『いとしのエリー』『空に太陽がある限り』など何でもいい。歌う前に『この曲、いつもの感謝の気持ち』とつけ加えたら、なおよしです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る