女性に人気 月桂冠「うたかた」のマーケティング戦略

公開日:

“スパークリング・日本酒仕立て”をうたう月桂冠の「うたかた」が人気だ。アルコール分5%で、名前の通り、軽やかな炭酸入り。すっきりとしたのどごしと甘めの味わいは、2014年の発売以来、若い女性を中心に支持を広げている。

 発泡性清酒は近年人気のカテゴリーだが、「うたかた」は清酒ではなく、“日本酒リキュール”という独自の立ち位置。差別化を狙った戦略だ。

「清酒カテゴリーでも商品化は可能だが、うたかたはあえてリキュールで開発。ターゲットとして想定する女性層への訴求の度合いをより高めるため、こだわって香味をチューニングした」(総務部広報課の藤田愛里氏)

 実際、月桂冠は00年に発泡性清酒を商品化しており、そのテイストは高い評価を得ていた。ひと足早くアメリカで発泡性の市場が急拡大したため海外専用商品となったが、その後、国内でも市場が盛り上がってきたことから新たな商品の開発へ。早速マーケティング調査を実施すると、消費者のニーズとして「少し甘め、あと味すっきり」「微炭酸」「パッケージデザイン」があることがわかった。かくして、スパークリング日本酒仕立て「うたかた」が誕生する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る