女性に人気 月桂冠「うたかた」のマーケティング戦略

公開日: 更新日:

“スパークリング・日本酒仕立て”をうたう月桂冠の「うたかた」が人気だ。アルコール分5%で、名前の通り、軽やかな炭酸入り。すっきりとしたのどごしと甘めの味わいは、2014年の発売以来、若い女性を中心に支持を広げている。

 発泡性清酒は近年人気のカテゴリーだが、「うたかた」は清酒ではなく、“日本酒リキュール”という独自の立ち位置。差別化を狙った戦略だ。

「清酒カテゴリーでも商品化は可能だが、うたかたはあえてリキュールで開発。ターゲットとして想定する女性層への訴求の度合いをより高めるため、こだわって香味をチューニングした」(総務部広報課の藤田愛里氏)

 実際、月桂冠は00年に発泡性清酒を商品化しており、そのテイストは高い評価を得ていた。ひと足早くアメリカで発泡性の市場が急拡大したため海外専用商品となったが、その後、国内でも市場が盛り上がってきたことから新たな商品の開発へ。早速マーケティング調査を実施すると、消費者のニーズとして「少し甘め、あと味すっきり」「微炭酸」「パッケージデザイン」があることがわかった。かくして、スパークリング日本酒仕立て「うたかた」が誕生する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る