• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性に人気 月桂冠「うたかた」のマーケティング戦略

“スパークリング・日本酒仕立て”をうたう月桂冠の「うたかた」が人気だ。アルコール分5%で、名前の通り、軽やかな炭酸入り。すっきりとしたのどごしと甘めの味わいは、2014年の発売以来、若い女性を中心に支持を広げている。

 発泡性清酒は近年人気のカテゴリーだが、「うたかた」は清酒ではなく、“日本酒リキュール”という独自の立ち位置。差別化を狙った戦略だ。

「清酒カテゴリーでも商品化は可能だが、うたかたはあえてリキュールで開発。ターゲットとして想定する女性層への訴求の度合いをより高めるため、こだわって香味をチューニングした」(総務部広報課の藤田愛里氏)

 実際、月桂冠は00年に発泡性清酒を商品化しており、そのテイストは高い評価を得ていた。ひと足早くアメリカで発泡性の市場が急拡大したため海外専用商品となったが、その後、国内でも市場が盛り上がってきたことから新たな商品の開発へ。早速マーケティング調査を実施すると、消費者のニーズとして「少し甘め、あと味すっきり」「微炭酸」「パッケージデザイン」があることがわかった。かくして、スパークリング日本酒仕立て「うたかた」が誕生する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る