スナックと米菓の中間的存在 亀田製菓「うす焼シリーズ」

公開日: 更新日:

 パリッとした軽い食感が特徴のうす焼きせんべい、亀田製菓の「うす焼」シリーズに注目だ。1967年に「サラダうす焼」を発売してから半世紀超。ロングセラーブランドとして、ファミリー層を中心に安定した人気を誇りながら、近年はグルメシリーズなど攻めの展開も見せており、売り上げは前年比増を続けている。

「お客さまからは、発売当初のコンセプトでもあった『スナックと米菓の中間的な存在』として支持を得ているので、そのバランス感は保ちつつ、時代に合った展開も進めている」(経営企画部の久保妙子氏)

 スナックと米菓の中間的な存在とは? 目指したのはコーラなどのドリンクにもよく合う“軽さ”だ。そもそもの始まりは、亀田製菓設立間もない61年に発売した「サラダホープ」という洋風あられのヒットにある。いまも販売が続く、地元新潟県では有名な地域限定商品だが、当初は全国展開を予定。ところが爆発的に売れたため製造が追いつかず、類似品に先を越されてしまう。そこで全国向け商品は仕切り直し。「技術的に他社がまねできない商品を!」との思いのもとに新たに開発されたのが、パリパリとした食感と軽い口どけが楽しめるうす焼きのせんべいであり、サラダホープで人気となったサラダ味(塩味)を採用して、67年、「サラダうす焼」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る