スペックより用途 富士フイルム「Xシリーズ」成功の理由

公開日: 更新日:

 小型軽量ながら高画質がウリ。富士フイルムのデジタルカメラ「Xシリーズ」の販売が好調だ。

 牽引するのはシリーズ最小・最軽量ボディーをうたう「X―E3」。幅広い層をターゲットにした新戦力は、2017年9月の発売以来、目標を大きく超えるペースで売り上げを伸ばしている。

「一般的にカメラのブランドは、スペックの一番いいものを最上位機種とするピラミッド構造になっているが、Xシリーズは“横”展開。基本的には用途で選べるラインアップを目指している」(光学・電子映像事業部の鵜殿真一郎氏=写真)

 たとえば、主力の2機種でいうと、風景などをファインダーをのぞいてじっくり撮るなら「X―Pro2」、スポーツなど素早く動く被写体を撮りたい人には「X―T2」といった具合だ。では「X―E3」といえば、毎日持ち歩きたい人に向く。スマートフォンやタブレット端末との常時接続を可能にするなど、携帯性と実用性を両立。狙い通りファン層を広げている。とにかく、どの機種でもきれいに撮れると自負。独自の色再現技術による写真画質は大きな強みで、この技術を用いた「フィルムシミュレーション」などの機能も好評だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る