新シリーズは女性に大モテ カンロ「健康のど飴」誕生秘話

公開日: 更新日:

 のど飴の定番といえば、カンロの「健康のど飴」だ。1981年に菓子・食品業界初ののど飴として発売以来、圧倒的な支持を獲得。「健康梅のど飴」と共に成長を続けてきた。そのブランド力をもって昨秋は待望の新シリーズを投入。「健康のど飴たたかう乳酸菌」と「健康のど飴たたかうマヌカハニー」が好調な売れ行きを見せている。

 ハーブでのどを癒やす「健康のど飴」の誕生は、医者の何げないひと言が始まりだった。それは当時の社長の実体験で、軽い風邪で診療所にいくと「お宅のカンロ飴や黒飴をなめておけばよい」といわれたのだという。

「それをきっかけに“のどにやさしい飴”を作ることになった。お菓子の飴で健康をうたうことには異論もあったようだが、需要は絶対あると確信し開発を進めた」(開発本部商品企画部の木本康之氏=写真)

 実際、のどにも良いおいしい飴は簡単ではなかった。それでも試行錯誤の末に、カリン漬けはちみつとハーブですっきり爽やかな味わいを実現。まだハーブになじみのない時代だったが「のどにやさしい」のメッセージが効いて、「健康のど飴」はたちまちブレークを果たす。これを受け、80年代後半には他社も続々と参入。パイオニアとして負けてはいられないと、89年に投入したのが「健康梅のど飴」である。梅はちみつのまろやかな味わいはより幅広い層に受けて大ヒット。いまでは本家をしのぐ稼ぎ頭だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る