生まれ変わった「キリン一番搾り生ビール」 快進撃の理由

公開日:

  キリンビールの基幹ブランド「キリン一番搾り生ビール」がリニューアル効果で売れ行き好調だ。9~11月の販売数量は、缶製品で前年比14%増と快進撃を見せている。

 7月下旬に全面刷新。新「一番搾り」は、おなじみの「一番搾り製法」をベースに、さらなる麦のうま味を追求した。

「加えて、いままでよりも酸味を抑えているので角の取れた味わいになった。いうなれば“すっぴん”で、麦芽本来のポテンシャルを最大限に引き出すためには余計な化粧を取るという発想で開発した」(マーケティング本部ブランドマネジャーの山口洋平氏=写真)

 ある意味、原点回帰ともいえる今回のリニューアル。上品な麦のうま味と調和のとれた味わいで、「やっぱりビールはうまい」を改めて訴求する。

 そう、「一番搾り」は1990年、「ほんとうにうまいビールをつくろう」との思いのもとに誕生したビールだ。カギとなるのは、麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」。一番搾りの麦汁のみを使ったビールは画期的で、コストはかかるが、たくさんの人に飲んでもらいたいと通常価格で発売。これが当たった。上品なコクがあり、後口がさっぱりした日本人好みのビールは大ヒット。以降、急成長を遂げ、キリンを代表する一大ブランドとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る