生まれ変わった「キリン一番搾り生ビール」 快進撃の理由

公開日:

  キリンビールの基幹ブランド「キリン一番搾り生ビール」がリニューアル効果で売れ行き好調だ。9~11月の販売数量は、缶製品で前年比14%増と快進撃を見せている。

 7月下旬に全面刷新。新「一番搾り」は、おなじみの「一番搾り製法」をベースに、さらなる麦のうま味を追求した。

「加えて、いままでよりも酸味を抑えているので角の取れた味わいになった。いうなれば“すっぴん”で、麦芽本来のポテンシャルを最大限に引き出すためには余計な化粧を取るという発想で開発した」(マーケティング本部ブランドマネジャーの山口洋平氏=写真)

 ある意味、原点回帰ともいえる今回のリニューアル。上品な麦のうま味と調和のとれた味わいで、「やっぱりビールはうまい」を改めて訴求する。

 そう、「一番搾り」は1990年、「ほんとうにうまいビールをつくろう」との思いのもとに誕生したビールだ。カギとなるのは、麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」。一番搾りの麦汁のみを使ったビールは画期的で、コストはかかるが、たくさんの人に飲んでもらいたいと通常価格で発売。これが当たった。上品なコクがあり、後口がさっぱりした日本人好みのビールは大ヒット。以降、急成長を遂げ、キリンを代表する一大ブランドとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る