• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右腎臓を摘出 元プロレスラー小橋建太さんは「水で出す」

「絶対王者」「鉄人」と呼ばれた小橋さんは2006年に腎臓がんが発覚し、右腎臓を摘出した。プロのアスリートで腎臓がんから復帰した前例がない中、翌年にはリングで復活し、多くの人に勇気や感動と力を与えた。13年に現役引退後は、がんの子どもを守る会への支援や講演活動のほか、プロレス大会のプロデュース、スポーツジム経営、法人向けの健康促進企画などを行っている。

「アスリートって筋肉をつくるために“低脂肪高タンパク”が基本じゃないですか。私もそうだったんですが、がんを患ったときに腎臓を守る食事に変わったんです。それは“低タンパク高脂肪”。つまりは真逆なんですね。退院後、鏡に映った自分の姿を見たら筋肉なんかなくて、脂肪があるだけ。人間は食べるものによってこんなにも変わるのだと、自分のカラダを通し実感しましたよ」

 がん発症から10年以上になるが再発はない。現在も症状は落ち着いている。ただ、小橋さんの場合は完治の定義が難しいそうで、再発の可能性もゼロではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る