右腎臓を摘出 元プロレスラー小橋建太さんは「水で出す」

公開日:  更新日:

「絶対王者」「鉄人」と呼ばれた小橋さんは2006年に腎臓がんが発覚し、右腎臓を摘出した。プロのアスリートで腎臓がんから復帰した前例がない中、翌年にはリングで復活し、多くの人に勇気や感動と力を与えた。13年に現役引退後は、がんの子どもを守る会への支援や講演活動のほか、プロレス大会のプロデュース、スポーツジム経営、法人向けの健康促進企画などを行っている。

「アスリートって筋肉をつくるために“低脂肪高タンパク”が基本じゃないですか。私もそうだったんですが、がんを患ったときに腎臓を守る食事に変わったんです。それは“低タンパク高脂肪”。つまりは真逆なんですね。退院後、鏡に映った自分の姿を見たら筋肉なんかなくて、脂肪があるだけ。人間は食べるものによってこんなにも変わるのだと、自分のカラダを通し実感しましたよ」

 がん発症から10年以上になるが再発はない。現在も症状は落ち着いている。ただ、小橋さんの場合は完治の定義が難しいそうで、再発の可能性もゼロではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る