右腎臓を摘出 元プロレスラー小橋建太さんは「水で出す」

公開日: 更新日:

「絶対王者」「鉄人」と呼ばれた小橋さんは2006年に腎臓がんが発覚し、右腎臓を摘出した。プロのアスリートで腎臓がんから復帰した前例がない中、翌年にはリングで復活し、多くの人に勇気や感動と力を与えた。13年に現役引退後は、がんの子どもを守る会への支援や講演活動のほか、プロレス大会のプロデュース、スポーツジム経営、法人向けの健康促進企画などを行っている。

「アスリートって筋肉をつくるために“低脂肪高タンパク”が基本じゃないですか。私もそうだったんですが、がんを患ったときに腎臓を守る食事に変わったんです。それは“低タンパク高脂肪”。つまりは真逆なんですね。退院後、鏡に映った自分の姿を見たら筋肉なんかなくて、脂肪があるだけ。人間は食べるものによってこんなにも変わるのだと、自分のカラダを通し実感しましたよ」

 がん発症から10年以上になるが再発はない。現在も症状は落ち着いている。ただ、小橋さんの場合は完治の定義が難しいそうで、再発の可能性もゼロではないという。

 今でも定期健診を欠かさず受け、食事にも気を使っている。

「心がけているのは水を取ることです。腎臓が1つしかない分、老廃物をなるべくためないで排出できるように、毎日2リットルくらい摂取します。現役の時は4リットル飲んでいたので、今は半分になったわけですが、もともとちょっとトレーニングをしただけでTシャツが絞れるくらいの汗っかき。だから、水を飲むのは嫌なんですけれどね。“良質なタンパク質を取って水で出す! 塩分を取りすぎたら水で出す!アルコールを摂取したら水で出す!”です。健康は自分で守らないといけないですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか