右腎臓を摘出 元プロレスラー小橋建太さんは「水で出す」

公開日: 更新日:

「絶対王者」「鉄人」と呼ばれた小橋さんは2006年に腎臓がんが発覚し、右腎臓を摘出した。プロのアスリートで腎臓がんから復帰した前例がない中、翌年にはリングで復活し、多くの人に勇気や感動と力を与えた。13年に現役引退後は、がんの子どもを守る会への支援や講演活動のほか、プロレス大会のプロデュース、スポーツジム経営、法人向けの健康促進企画などを行っている。

「アスリートって筋肉をつくるために“低脂肪高タンパク”が基本じゃないですか。私もそうだったんですが、がんを患ったときに腎臓を守る食事に変わったんです。それは“低タンパク高脂肪”。つまりは真逆なんですね。退院後、鏡に映った自分の姿を見たら筋肉なんかなくて、脂肪があるだけ。人間は食べるものによってこんなにも変わるのだと、自分のカラダを通し実感しましたよ」

 がん発症から10年以上になるが再発はない。現在も症状は落ち着いている。ただ、小橋さんの場合は完治の定義が難しいそうで、再発の可能性もゼロではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る