元プロ卓球選手・松下浩二さんが続ける“腹六分目”の効能

公開日: 更新日:

 今年10月、卓球の「Tリーグ」が開幕する。松下浩二さん(50)は、その代表理事。今は寝る間を惜しんで準備に奔走している。

 もともとは世界を代表するカット主戦型の選手だった。バルセロナからアテネまで4大会連続でオリンピックに出場するなど、日本人初のプロ選手として活躍。2009年に引退後は、卓球用品総合メーカー「VICTAS」の社長に就任した。

 毎朝5時起きで帰宅は23時すぎ。しかも、2カ月に1回程度のペースで海外出張もこなしている。多忙のため、食事は3食とも外食というが、いまだに病気知らずだ。

■夕食は炭水化物抜き

「コンビニで買って済ませることもあれば、打ち合わせをしながらコーヒーショップで終わらせることも多いですね。出張のときはホテルのレストランで食べます。気を付けているのは炭水化物で、夕食のときはいっさい取りません。それと、なるべく魚や野菜を中心にして、腹六分目くらいに抑えること。今は時間に追われているので、ご飯には時間をかけない。だから味がしないんです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る