元SB投手・江尻慎太郎さん スープや根菜から先に食べる

公開日:  更新日:

 男兄弟で育ったせいもあってか、子供のころはわんぱくで、ご飯もたらふく食べたという。

「母親の料理は、どんぶりモノが多かったですね。食卓にでっかい卵とじがドカーン! なんて日もありました。高校時代、学校に持って行っていたのは、ごはんの上に海苔、そのまた上にご飯と海苔という2段弁当。端っこにきんぴらごぼうが入っていて……ザ・弁当でしたね」

 炭水化物の取り過ぎなんてことは全く気にしない。正月には餅を20個も食べていた。高校球児らしいエピソードだ。

 2浪して入った早稲田大学を卒業後の2001年に自由獲得枠で日本ハムファイターズに入団。サイド気味のスリークオーターから投げるカットボールやフォークを武器に活躍した。横浜ベイスターズ、ソフトバンクを経て、14年に引退しているが、体調や健康を考えて炭水化物を控えるようになったのは30歳を過ぎたころからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る