元ハンド代表の東俊介さんが「25キロ増量」に成功した食事

公開日: 更新日:

 主将を務めた実業団の大崎電気で9度の日本一に貢献。日本代表でも主将として数々の国際試合で活躍してきた元ハンドボール日本代表の東俊介さん(42)。2009年の現役引退後は早大大学院でスポーツマネジメントを学び、現在は複数の企業で働きながらスポーツの普及に取り組んでいる。

 現役時代は191センチで100キロだったが、実業団に入った当初は75キロときゃしゃだった。ハンドボールは、走って跳んで投げてぶつかり合う「総合格闘球技」。とても選手としてやっていける体格ではなかったという。

■3年間で25キロ増量

「新人だったころは、余計な脂肪をつけずに体重を増やすために、毎日ゆで卵の白身を1パック(10個)食べなければいけないというルールがありました。卵はチームが用意してくれるのですが、すでに目標体重を達成している先輩の分も私に回ってくる。結局、毎日15個くらいは食べていましたね。最初のころはストイックに塩だけで食べていましたが、そのうち醤油やケチャップで味に変化をつけるようになり、ついにはマヨネーズを使用。黄身をのぞく意味があるのかな、と疑問に感じていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る