食も自然体 元サッカー代表・久保竜彦さんの豪快食生活

公開日: 更新日:

 日本人離れした驚異的な身体能力で、度肝を抜くゴールを決めてきた久保竜彦さん(41)は伝説のストライカーだ。

 日本代表としても32試合に出場し11得点を記録。野性味あふれるキレキレのプレーと、試合後に見せる寡黙で朴訥(ぼくとつ)なキャラクターとのギャップも、多くのサポーターに愛されたゆえんだ。

 現在はコーチとして広島市内で小・中・高校生の未来のストライカーを育てている。そんな久保さんは、食生活も豪快だ。現役時代から、好きなものを好きなだけ食べてきた。

「福岡の山育ちで、食べ物はなんでもウマかった。串に何個も肉が刺さってる“ちっちゃい焼き鳥”はよく食べてました。ずりも軟骨も全部ちっちゃい。だから東京で焼き鳥を食べるとデカッ! と思います。福岡のギョーザも一口サイズだし、なんでしょうね、あれ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る