豪雨被災地ボランティア 「殺到」と「不足」のミスマッチ

公開日:

 甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。想像を絶する光景を目の当たりにし、この3連休中に、ボランティア参加を思い立つ人も多いだろうが、現場の受け入れ態勢は十分なのだろうか。

 豪雨によって増水した「ため池」に流され、3歳女児が死亡した広島県福山市では、13日から延べ約700人のボランティアが現地入り。汚れた家具を片付けたり、泥を家の外に出すなどの活動を手伝った。市の担当者によると、同市では人手が足りており、既に連休中のボランティアの受け付けは終了している。

 7600棟超が床上・床下浸水した岡山県岡山市でも延べ約400人がボランティアに参加。同市では駐車スペースがないことから、ボランティアの募集範囲を「市内に在住、在勤、在学の方」に限定しながらも、人手は足りているという。

 一方で、ボランティア不足に悩まされる地域もある。川の堤防が決壊し冠水被害に遭った愛媛県西予市では、13日までの3日間で延べ600人以上がボランティアに参加。それでも連休中の被災者からのニーズに応えるには、まだまだ人手が足りないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る