豪雨被災地ボランティア 「殺到」と「不足」のミスマッチ

公開日: 更新日:

 甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。想像を絶する光景を目の当たりにし、この3連休中に、ボランティア参加を思い立つ人も多いだろうが、現場の受け入れ態勢は十分なのだろうか。

 豪雨によって増水した「ため池」に流され、3歳女児が死亡した広島県福山市では、13日から延べ約700人のボランティアが現地入り。汚れた家具を片付けたり、泥を家の外に出すなどの活動を手伝った。市の担当者によると、同市では人手が足りており、既に連休中のボランティアの受け付けは終了している。

 7600棟超が床上・床下浸水した岡山県岡山市でも延べ約400人がボランティアに参加。同市では駐車スペースがないことから、ボランティアの募集範囲を「市内に在住、在勤、在学の方」に限定しながらも、人手は足りているという。

 一方で、ボランティア不足に悩まされる地域もある。川の堤防が決壊し冠水被害に遭った愛媛県西予市では、13日までの3日間で延べ600人以上がボランティアに参加。それでも連休中の被災者からのニーズに応えるには、まだまだ人手が足りないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る