豪雨被災地ボランティア 「殺到」と「不足」のミスマッチ

公開日:

 甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。想像を絶する光景を目の当たりにし、この3連休中に、ボランティア参加を思い立つ人も多いだろうが、現場の受け入れ態勢は十分なのだろうか。

 豪雨によって増水した「ため池」に流され、3歳女児が死亡した広島県福山市では、13日から延べ約700人のボランティアが現地入り。汚れた家具を片付けたり、泥を家の外に出すなどの活動を手伝った。市の担当者によると、同市では人手が足りており、既に連休中のボランティアの受け付けは終了している。

 7600棟超が床上・床下浸水した岡山県岡山市でも延べ約400人がボランティアに参加。同市では駐車スペースがないことから、ボランティアの募集範囲を「市内に在住、在勤、在学の方」に限定しながらも、人手は足りているという。

 一方で、ボランティア不足に悩まされる地域もある。川の堤防が決壊し冠水被害に遭った愛媛県西予市では、13日までの3日間で延べ600人以上がボランティアに参加。それでも連休中の被災者からのニーズに応えるには、まだまだ人手が足りないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る