M&Aクラウド及川厚博社長「読書はアルゴリズム強化にも」

公開日: 更新日:

 インターネットを使って企業の合併・買収を仲介サポートするM&Aクラウド。2015年設立のまだ若い会社だ。社長の及川厚博さん(29)は北海道札幌市出身。広大な土地で育った人物らしく、懐も広い印象だ。

  ◇  ◇  ◇

 企業合併・買収というと、外資ハゲタカとの切った張ったの激烈な攻防がまず思い浮かぶ。

「M&Aがニュースで取り上げられるのは、鴻海精密工業のシャープ買収といった大規模な買収ばかりですが、実は昨年の国内M&Aは大小3800件と過去最高を記録しています。ですからビジネス需要は高い。ただし、私は世の中に必要な仕事だとしても、『誰がやるのか』が大事だと思っているのです」

■誰がやるかが大事

 ん? どういう意味なのか。M&Aで我々がイメージするのは、高級スーツに身を包み、数千万円の報酬をもらうようなエリートが、企業を右から左に移すような作業だが、それとは違うと言いたいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る