五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10635回 三日見ぬまの桜かな <2>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 昨夜は久しぶりに完全徹夜した。
『中央公論』に連載中の「一期一会の人びと」の原稿が難航して、1週間ちかくおくれてしまったのだ。
 最近、つとめて締め切りは厳守するようにしているのだが、時どきはこういうこともある。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る