“最後の親孝行”にだまされない 信頼できる葬儀社の選び方

公開日: 更新日:

「それがお父さまへのお気持ちですか」「お父さんがかわいそうでしょう」――。4月中旬。病気で夫(77)を亡くした都内の主婦(67)は、悲しみに暮れる遺族に対し、畳み掛けるような口調で葬儀のオプション契約を次々と求めてくる葬儀社の担当者に違和感を覚えた。

 ネットなどでも「葬儀社の営業トークにだまされるな」という書き込みが目立つが、こうした悪徳業者は「低価格の葬儀では故人にも親族に申し訳ない」という遺族心理を巧みについてくるのが常套手段だ。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子氏がこう言う。

「葬儀社の担当者から『この価格のプランが一般的です』などと言われると、遺族はそれ以下の価格のプランは選択しづらくなってしまう。ある遺族は安価なプランを希望したところ、担当者から『それは最低ランクです』と言われたそうです。そうなると、遺族は『葬儀費用を値切っていいのだろうか』と罪悪感に似た感情が芽生えてしまいがちになる。悪質な葬儀社ばかりではありませんが、強引に契約を迫る業者には注意が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る