“最後の親孝行”にだまされない 信頼できる葬儀社の選び方

公開日: 更新日:

「それがお父さまへのお気持ちですか」「お父さんがかわいそうでしょう」――。4月中旬。病気で夫(77)を亡くした都内の主婦(67)は、悲しみに暮れる遺族に対し、畳み掛けるような口調で葬儀のオプション契約を次々と求めてくる葬儀社の担当者に違和感を覚えた。

 ネットなどでも「葬儀社の営業トークにだまされるな」という書き込みが目立つが、こうした悪徳業者は「低価格の葬儀では故人にも親族に申し訳ない」という遺族心理を巧みについてくるのが常套手段だ。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子氏がこう言う。

「葬儀社の担当者から『この価格のプランが一般的です』などと言われると、遺族はそれ以下の価格のプランは選択しづらくなってしまう。ある遺族は安価なプランを希望したところ、担当者から『それは最低ランクです』と言われたそうです。そうなると、遺族は『葬儀費用を値切っていいのだろうか』と罪悪感に似た感情が芽生えてしまいがちになる。悪質な葬儀社ばかりではありませんが、強引に契約を迫る業者には注意が必要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る