“最後の親孝行”にだまされない 信頼できる葬儀社の選び方

公開日: 更新日:

「それがお父さまへのお気持ちですか」「お父さんがかわいそうでしょう」――。4月中旬。病気で夫(77)を亡くした都内の主婦(67)は、悲しみに暮れる遺族に対し、畳み掛けるような口調で葬儀のオプション契約を次々と求めてくる葬儀社の担当者に違和感を覚えた。

 ネットなどでも「葬儀社の営業トークにだまされるな」という書き込みが目立つが、こうした悪徳業者は「低価格の葬儀では故人にも親族に申し訳ない」という遺族心理を巧みについてくるのが常套手段だ。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子氏がこう言う。

「葬儀社の担当者から『この価格のプランが一般的です』などと言われると、遺族はそれ以下の価格のプランは選択しづらくなってしまう。ある遺族は安価なプランを希望したところ、担当者から『それは最低ランクです』と言われたそうです。そうなると、遺族は『葬儀費用を値切っていいのだろうか』と罪悪感に似た感情が芽生えてしまいがちになる。悪質な葬儀社ばかりではありませんが、強引に契約を迫る業者には注意が必要です」

「葬儀費用一式20万円」などと低価格を前面に打ち出している業者も気を付けた方がいい。足を運んでみたら、担当者の「最後の親孝行ですから」という決めゼリフに乗せられ、あれよあれよと言う間に費用が膨れ上がっていた、なんてケースが珍しくないからだ。遺族が後悔しない「良心的な葬儀社」はどう選べばいいのか。前出の佐々木理事長はこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」