経済的で利用者増だがトラブルも「小さなお葬式」の注意点

公開日: 更新日:

「生前の医療費がかさみ、葬儀費用が足りなくなった」「両親と親戚が短期間に亡くなり、老後の貯金が尽きてしまった」――。一般社団法人「日本エンディングサポート協会」の佐々木悦子理事長のもとには、遺族からこんな悲痛な声が寄せられているという。

 2017年度の日本消費者協会のアンケート調査によると、葬儀全体にかかる費用は全国平均で195万円。不景気の折、費用を安く抑えたいと考えるのは当然で、最近は経済的な「小さなお葬式」が好まれる傾向にある。

 公正取引委員会が葬儀社などに対して行った「葬儀の取引に関する実態調査報告書」(17年3月)によると、業者が「増加傾向にある」と答えた葬儀の種類で最も多かったのが、近親者のみで葬儀を行う「家族葬」(51%)。次いで、読経を省くなど家族葬よりも簡素な「直葬」が26%で、通夜、告別式を同日に行う「一日葬」が17%。従前形式の一般葬はわずか5%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る