増える「故人らしく」の要望 “ハデ葬儀”の相場観と注意点

公開日: 更新日:

 祭壇の上には約1300個の金色のシャンパングラスが数段にわたって高く積み上げられ、「黄金のシャンパンタワー」を形作っていた。そして中央には真っ赤な「愛」の字のオブジェ。昨年11月に東京・渋谷区の代々幡斎場で行われた「ホストの帝王」と呼ばれた愛田武氏(本名・榎本武、享年78)の葬儀の様子だ。

 愛田氏の部下だった野口左近氏は「本人は生前、『オレが死んだら金の棺に入れてくれ』と言っていました。派手好きでしたから、スタッフでシャンパンタワーを作ることに決めたのです」と話す。「派手好き」という故人の意向を尊重し、葬儀には1000万円を費やしたという。

 今月3日に東京・港区の青山葬儀所で開かれたミュージシャン内田裕也氏(享年79)の葬儀も「ひっそり」という言葉とは対照的な雰囲気だった。祭壇には紫色のライトで照らされた1万5000本の白い花、中央には「Rock’nRoll」の看板と内田氏の動画。約1700人が弔問に訪れ、入り口では記念撮影をする姿もチラホラ見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る