変わる供養 都市部で拡大するICカード式自動搬送式納骨堂

公開日: 更新日:

 線香の香りが漂う地下1階の部屋の南側の壁には、縦横約180センチの両開きのガラス扉が3つ。約70畳の部屋は暖色系の明かりに包まれている。それぞれの扉の脇には「参拝口」と記されたタッチパネルとICカードの挿入口。東京メトロ・押上駅から徒歩4~5分。都内有数の観光スポットとなった「スカイツリー」のすぐそばにある地上7階建ての「春慶寺」の納骨堂のフロアだ。

「参拝口」でカード挿入して50秒ほど待つと、ゴトゴトという音とともに扉が開き、黒地に金色の文字で「○○家之墓」と書かれた小さな箱型の御堂が出現。しばらくするとタッチパネルに「参拝は終了しました」との表示が出た。

 近年、主に都市部で広がっているのが、このICカード式の自動運搬式納骨堂だという。春慶寺は2001年に導入。齋藤堯圓住職の妻・幸子氏によると、参拝口の奥には、最大4体分の遺骨が収容可能な御堂が計1530基納められていて、クレーンとベルトコンベヤーで運ばれてくるシステムだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る