増えつつある葬儀の「生前予約」見積り段階での注意点は

公開日: 更新日:

「病院指定の葬儀社に頼んだら葬儀費用が高額になった」「葬儀の段取りにひたすら追われ、故人との時間を過ごす暇がなかった」――。葬儀を終えた遺族から、よく耳にする言葉だろう。そのため、最近では葬儀社や葬儀内容を事前に決めておく「生前予約」が増えているという。

「生前予約」はまず、複数の葬儀社から葬儀費用の見積もりを得ることから始まるのだが、葬儀費用は弔問客への料理や香典返礼品によって大きく変わるため、ある程度、参加人数を想定した上で見積もりを取るのが一般的だ。さらに都心部では火葬場がすぐに利用できず、「順番待ち」が10日間にも及ぶケースもある。万一の事態を考え、各葬儀社の1日当たりの遺体安置料を聞いておくことも重要だ。

 さらに、割引サービスなどが受けられる会員制度の有無もチェックした方がいい。入会金は1万~3万円程度と割安感を打ち出しつつも、解約時に巨額の手数料を請求する葬儀社もあるため、確認が必要だ。葬儀社から得た見積書はどこに注意すべきなのか。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る