増えつつある葬儀の「生前予約」見積り段階での注意点は

公開日: 更新日:

「病院指定の葬儀社に頼んだら葬儀費用が高額になった」「葬儀の段取りにひたすら追われ、故人との時間を過ごす暇がなかった」――。葬儀を終えた遺族から、よく耳にする言葉だろう。そのため、最近では葬儀社や葬儀内容を事前に決めておく「生前予約」が増えているという。

「生前予約」はまず、複数の葬儀社から葬儀費用の見積もりを得ることから始まるのだが、葬儀費用は弔問客への料理や香典返礼品によって大きく変わるため、ある程度、参加人数を想定した上で見積もりを取るのが一般的だ。さらに都心部では火葬場がすぐに利用できず、「順番待ち」が10日間にも及ぶケースもある。万一の事態を考え、各葬儀社の1日当たりの遺体安置料を聞いておくことも重要だ。

 さらに、割引サービスなどが受けられる会員制度の有無もチェックした方がいい。入会金は1万~3万円程度と割安感を打ち出しつつも、解約時に巨額の手数料を請求する葬儀社もあるため、確認が必要だ。葬儀社から得た見積書はどこに注意すべきなのか。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る