鈴木一泰さん<1>イチロー兄“アニロー”は88年工務店に就職

公開日: 更新日:

 5歳下の弟は、野球で数々の金字塔を打ち立てたイチローだ。その兄で「アニロー」の愛称で親しまれるこの人の肩書はスポーツブランド「SUW」代表で、デザイナーでもある。さらにスポーツジムや飲食店の運営も手掛けている。そんなマルチな人のサラリーマン人生は、意外なものだった。

 ◇  ◇  ◇

「小さいころから絵やデザインが好きで、子供のころはよくマンガを描いていました。完成したときの感動が、当時からあって、どんなに描き続けても飽きない。それで、デザインの方向に進みたいと思っていたんです」

 中学に入ると、ヒップホップにもハマる。陸上部の練習を終えて帰宅すると、音楽を聴きまくっていたという。

 話はそれるが、イチローがオリックス時代に着ていたヒップホップファッションは、兄の影響が大きいそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る