角田信朗さん<1>日商岩井からの内定も「空手優先」で辞退

公開日: 更新日:

 格闘技イベントK―1ではファイターとして熱い試合でファンを魅了し、競技統括プロデューサーを務めた正道会館最高師範の角田信朗さん(58)。ここ数年はボディービルダーとしても活躍し、数々の大会で好成績を収めている。そんな角田さんは関西外国語大学出身で英語の教員免許も持っているという。なぜ教師ではなく格闘技の道を選び、ここまでどのように歩んできたのか。聞いてみよう。

  ◇  ◇  ◇

 僕は小さい頃は何になりたいという夢はあまりなかったんです。実は母方の伯父が大和ハウス創業者の石橋信夫元会長で、母はそれまで奈良で教員をしていたのですが、その後伯父の秘書などを務めるようになりました。僕の父も大和ハウスに勤めていて、両親はそこで出会って結婚したんです。

 それで、小さい頃に信夫会長に「おまえは建築家になれ」と言われたことがあって。それで子どもながらに、「将来はお父さんと同じ会社に入って働くのかな」ということは思っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  9. 9

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  10. 10

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

もっと見る