元マトリ高濱良次さん<1>この風貌で歩くと極道まで逃げた

公開日: 更新日:

 写真の風貌を見ればどこのヤクザ……と早合点してもしょうがない。しかし、実際の高濱さんは腰の低い人物。この顔で数々の“極道”と対峙してきた。

  ◇  ◇  ◇

 写真は高濱さんが41歳ぐらいの頃。丸刈りで口ヒゲとくれば、普通はその筋の人と疑うだろう。

「まあ、その通り。この格好で電車に乗って移動するわけですから、なぜか気付いたら周りには誰もおらんようになりました。一般の方が警戒するのはまだわかるとして、大阪西成の中央通りなんかを歩いていると、極道まで逃げたものです。もちろん、今の西成は昔とまったく違いますけど」

 ここで少し説明を加えると、麻薬捜査は厚労省麻薬取締部(通称・マトリ)と警察の組織犯罪対策部の2つの組織がある。高濱さんが属したマトリはおとり捜査の権限があり、いわばこの格好が職場のユニホームのようなものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る