“悲劇の能聖”世阿弥の「離見の見」は現代ビジネスに通じる

公開日: 更新日:

「能楽」というと、厳かすぎてなにやら、眠くなるイメージがありますが、実は日本が世界に誇る偉大な芸術文化です。

 ユネスコの世界遺産(無形文化遺産)にも選ばれました。

 その能楽を室町時代に大成したのが、観阿弥であり、彼の息子が世阿弥です。晩年、世阿弥は佐渡島に流罪になったため、“悲劇の能聖”と評されることもあります。

 世阿弥は貞治2(1363)年、大和国の生まれ(貞治3年説も)。当時、寺社の法会(仏教を説き聞かせるために人を集めること)や祭礼に奉仕する宗教儀式=「翁猿楽」の座が大和には4座ありました。

「円満井座」(のちの金春流)、「外山座」(同宝生流)、「坂戸座」(同金剛流)、そして観世流と名を変える「結崎座」です。

 観阿弥(観世三郎清次)は結崎座の創立者ではなく、一介の能役者でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る