加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

自由民権運動を放り出して外遊も…板垣退助は変節漢だった

公開日: 更新日:

 板垣退助――50歳以上の人は、この名前を聞いて100円札の肖像を思い返すでしょうか。

 板垣は昭和23(1948)年に50銭紙幣の表面に登場。28年にこれが通用停止になるや、100円券の表面に引き続き登場しました。

「紙幣にも登場した偉人」ということになるのでしょうが、彼の本質は変節漢。変わり身の早さが取り柄でした。

 板垣は天保8(1837)年に土佐藩の上士・乾家の嫡男として生まれました。腕白坊主ながら、古代中国の兵法書「孫子」を愛読していたそうです。重臣の吉田東洋に目をかけられ、24歳で藩の免奉行、25歳で江戸御留守居御内役となりました。

 彼について明らかにいえるのは、政治家より武人としての才能のほうが高かったこと。戊辰戦争の際は、新政府軍の東山道先鋒総督府参謀となり、他に先んじて旧幕府方の甲府城に入城しました。板垣姓に改めたのはこのときのこと(32歳)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る