加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

「蛮社の獄」で渡辺崋山ら蘭学者を弾圧した“妖怪”鳥居耀蔵

公開日: 更新日:

 江戸時代後期に、多くの蘭学者が弾圧された「蛮社の獄」の中心人物が、“妖怪”こと鳥居耀蔵。老中・水野忠邦の天保の改革の下、取り締まりを行った人物で、妖怪は「耀(蔵)甲斐(甲斐守=鳥居の官職)」からきています。

 幕末の外国奉行・栗本鋤雲は、鳥居のことを次のように評しました。

「刑場の犬は一度、処刑された罪人の肉を食べるとその味が忘れられなくなり、その後は人を見れば噛みつくようになる。そのため撲殺されるのだ。鳥居甲斐は刑場の犬のような男だった」

 辛辣な人物評ですね。

 鳥居は寛政8(1796)年、林大学頭述斎の三男(次男、四男とも)として生まれました。

 文政3(1820)年、25歳で旗本2500石・鳥居一学の養子となって鳥居家を相続。天保9(1838)年に本丸目付となりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る