工藤広伸
著者のコラム一覧
工藤広伸介護作家・ブロガー

1972年生まれ。既婚。介護ブログ「40歳からの遠距離介護」を執筆中。40歳で祖母と母のダブル介護。2度の介護離職を経験。著書に「認知症介護で倒れないための55の心得」(廣済堂出版)など。最新著の「ムリなくできる親の介護」(日本実業出版社)が絶賛発売中。

責任のある仕事が任されなくなっても3つのメリットがある

公開日: 更新日:

 介護が始まると、責任のある仕事を任せてもらえないこともある。

 そんな時に落ち込まない方法とは何か。2度の介護離職を経験した工藤さんがこう言う。

「キャリアアップに邁進してきた人にとってキャリアの小休止は受け入れ難い。しかし、一度立ち止まって考えることもたくさんあります。こう言えるのは私自身が小休止の3つのメリットを発見したから。1つ目は、仕事の進め方を見直すきっかけになること。それまでの私は一人で仕事を抱え込み、人にお願いするよりも自分でやった方が早いと思いこんでいました」

 抱えていた仕事をいろんな人にお願いしてみたところ、スピードが格段にアップ。効率的な進め方ができるようになったという。

「2つ目は、多くの無駄が見えるようになったこと。私は当時マネジャーという立場で会議に参加していました。しかし、遠距離介護で出社日数が制限され、会議に参加できないこともあった。そういう環境に置かれると、なぜその会議が必要なのか、本当に会議に出席する必要があるのかという疑問が湧いてくるもの。限られた時間の中で業務をこなさなければならないことで、無駄な業務が浮き彫りになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る