工藤広伸
著者のコラム一覧
工藤広伸介護作家・ブロガー

1972年生まれ。既婚。介護ブログ「40歳からの遠距離介護」を執筆中。40歳で祖母と母のダブル介護。2度の介護離職を経験。著書に「認知症介護で倒れないための55の心得」(廣済堂出版)など。最新著の「ムリなくできる親の介護」(日本実業出版社)が絶賛発売中。

介護離職をしないために…基本は「まずは誰かに相談」する

公開日: 更新日:

 介護離職をしないために知っておくべき法律がある。

「私は介護離職を2回経験していますが、『もし会社にこういう制度があったら、仕組みがあったら、会社を辞めずに済んだのに』と思うことがあります」

 その基本となっているのが「育児・介護休業法」という法律だ。

「上司から介護休業は認められないと言われたとしても、育児・介護休業法第11条は『労働者は、その事業主に申し出ることにより、介護休業をすることができる』(日雇い除く)と定めています。介護休業は対象1人につき年3回、通算93日まで取得できますし、不利益取り扱いの禁止規定もあります。つまり、介護休業の申し出や休業したことを理由に社員が解雇されたり、不利益を被ったりすることはあってはならないのです。

 さらに介護休業給付金も、雇用保険から賃金月額の67%ほどが給付されます。これらの制度を利用しながら介護と仕事の両立を模索します。介護休業中に行うことは、介護保険サービス(デイサービスやヘルパーなど)を使って、ケアマネジャー(ケアマネ)と相談しながら“介護体制づくり”をすることが主であって、自らが介護を頑張ることではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る