訪日客増の「春節」控え中国で新型ウイルス検出 対策は?

公開日: 更新日:

 中国湖北省武漢市で多発している肺炎について、中国国営中央テレビは9日、複数の患者から新型のコロナウイルスを検出したと報じたことに衝撃が走っている。

 武漢市では先月12日~29日に原因不明の肺炎にかかる患者が相次いで発生。今月5日までに59人(うち7人が重症)の患者が確認され、各国が感染拡大に警戒を強めている。

 コロナウイルスは現在6種類が知られており、うち4種類は通常の風邪など軽微な呼吸器症状の原因となる。2002~03年に中国で大流行したSARS(新型肺炎)と、12年からサウジアラビアなど中東諸国を中心に拡大しているMERS(中東呼吸器症候群)ウイルスでは、それぞれ700人以上の死者を出しているが、今回検出したウイルスは、この2つとは違う種類だという。

 世界保健機関(WHO)は現時点では中国への渡航や取引の制限は不要との見解で、「今後数週間で、より包括的な情報が必要になる」と指摘。WHOも中国当局の調査に協力していく方針を示しているが、日本も対岸の火事ではいられない。今月末から中国からの訪日観光客が増える「春節」(旧正月・今年は1月24日~30日)に当たるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る