訪日客増の「春節」控え中国で新型ウイルス検出 対策は?

公開日: 更新日:

 中国湖北省武漢市で多発している肺炎について、中国国営中央テレビは9日、複数の患者から新型のコロナウイルスを検出したと報じたことに衝撃が走っている。

 武漢市では先月12日~29日に原因不明の肺炎にかかる患者が相次いで発生。今月5日までに59人(うち7人が重症)の患者が確認され、各国が感染拡大に警戒を強めている。

 コロナウイルスは現在6種類が知られており、うち4種類は通常の風邪など軽微な呼吸器症状の原因となる。2002~03年に中国で大流行したSARS(新型肺炎)と、12年からサウジアラビアなど中東諸国を中心に拡大しているMERS(中東呼吸器症候群)ウイルスでは、それぞれ700人以上の死者を出しているが、今回検出したウイルスは、この2つとは違う種類だという。

 世界保健機関(WHO)は現時点では中国への渡航や取引の制限は不要との見解で、「今後数週間で、より包括的な情報が必要になる」と指摘。WHOも中国当局の調査に協力していく方針を示しているが、日本も対岸の火事ではいられない。今月末から中国からの訪日観光客が増える「春節」(旧正月・今年は1月24日~30日)に当たるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る