巣ごもり生活でストレス増大 夫の真価は非常時に問われる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスのあおりで妻子が“巣ごもり生活”を余儀なくされているというオトーサンは、これまで以上に家族サービスに徹した方がよさそうだ。

「夫はいつだって『仕事で疲れている』。これまでは許せたんですけど、子どもたちが休校になってからは『私だって疲れているわよ!』と口論が増えた」と話すのは、都内に住む30代主婦だ。

 神奈川県の40代主婦は「飲んで帰って来た時は心底イラッとしました。こんな非常時ぐらい我慢して、もっと家族のことを考えてよ」。

 別の都内の30代主婦も「在宅勤務の夫が『メシはまだ?』とか、『もっと掃除しろよ』なんて口出ししてくるんです。おまえがやれよって話ですよ」と怒り心頭だ。

 9日に発表されたクックパッドの「臨時休校に伴う家庭の料理負担の実態調査」によると、80%が「家庭での料理の負担が増えた」と回答。そのうち72%が「昼ごはんの準備が大変」と答えている。巣ごもり生活で世の主婦のストレスが増していることは間違いなさそうだ。熟年夫婦だって例外じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る