巣ごもり生活でストレス増大 夫の真価は非常時に問われる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスのあおりで妻子が“巣ごもり生活”を余儀なくされているというオトーサンは、これまで以上に家族サービスに徹した方がよさそうだ。

「夫はいつだって『仕事で疲れている』。これまでは許せたんですけど、子どもたちが休校になってからは『私だって疲れているわよ!』と口論が増えた」と話すのは、都内に住む30代主婦だ。

 神奈川県の40代主婦は「飲んで帰って来た時は心底イラッとしました。こんな非常時ぐらい我慢して、もっと家族のことを考えてよ」。

 別の都内の30代主婦も「在宅勤務の夫が『メシはまだ?』とか、『もっと掃除しろよ』なんて口出ししてくるんです。おまえがやれよって話ですよ」と怒り心頭だ。

 9日に発表されたクックパッドの「臨時休校に伴う家庭の料理負担の実態調査」によると、80%が「家庭での料理の負担が増えた」と回答。そのうち72%が「昼ごはんの準備が大変」と答えている。巣ごもり生活で世の主婦のストレスが増していることは間違いなさそうだ。熟年夫婦だって例外じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る