石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

恋愛のトラウマから脱却 演劇ワークショップで上書きする

公開日: 更新日:

 どうしても執着してしまう過去の恋愛を吹っ飛ばすワークショップを副業にしている人がいる。舘そらみさん(35歳)だ。

 そらみさんの経歴は独特だ。ODA事業で働く父のもと、小学生までトルコやコスタリカで育つ。国際的な不平等を強く感じ、政治で解決しようと慶応大学法学部政治学科に入学。しかし、政治家たちの自意識の強さに絶望して政治の道を諦め、世界の現状と向き合う覚悟を決めるため、紛争地を回る。しかし、そこで感じたのは、自分の力の限界だった。

「私は自分という存在を飛ばしてしまって他者に憑依してしまうような傾向があります。紛争地から戻ってからは創作したい衝動が抑えられず、23歳で劇団を立ち上げました。30歳くらいまでは脚本でのリアリティーを増すために、意識的に他者の行動原理や思考回路を想像する訓練をしていました。臨月の妊婦の体や精神はどういう感じなのか、ケガをしているスポーツマンはどうなのか。それがメタ認知を扱う恋愛演劇ワークショップにつながります」(そらみさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る