12年間同じ番号の宝くじを購入 継続は勝利をもたらした!

公開日: 更新日:

 同じことを継続することの大切さは、多くの人が共有する価値観だろう。

 オーストラリア南部の大都市アデレードの工場に勤務する11人のグループは過去12年間、共同で宝くじを買い続けている。豪州の宝くじは購入時に自分の好きな番号を記入するタイプで、彼らは12年間、同じ番号を記入し続けてきた。

 23日夜、ついに11人に女神がほほ笑んだ。1等120万豪ドルにボーナスが加わり、計128万8977豪ドル(約9200万円)が当たったのだ。11人で分配すると、1人当たり約836万円。オーストラリアもコロナ騒ぎで揺れており、大きなボーナスになった。

 グループの代表が豪メディアに、「最近は経済的に苦しい人が多かっただけに、人生を変えるだけの出来事になりました」と話した。当選した宝くじはXロトといわれ、1等当選の確率は約800万分の1。「継続は力なり」を身をもって証明したということか。

【写真】緊急事態宣言解除 コロナショック後の日本は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る