高級食パンの次は「フルーツ大福」高くても売れるワケ

公開日: 更新日:

 タピオカミルクティーや高級食パンと、ここ数年で話題になった食べ物の多くは、SNSで火がつき、ブレークしていく傾向にある。昨年あたりから専門店が増えているのが「フルーツ大福」だ。老舗フルーツ店の千疋屋でも販売に乗り出している。

「大福を半分にカットした断面がかわいくて写真や動画がたくさんアップされています」(20代会社員)というように、人気のひとつがインスタ映え。今から30年以上前にもいちご大福が流行したことがあったが、シャインマスカット、イチジク、桃、メロンなどの高級フルーツと白あんという取り合わせが、あずきあんのいちご大福とは趣がだいぶ異なる。

 名古屋発の専門店「覚王山フルーツ大福 弁才天」は常時12種類ほどのフルーツ大福を取り揃えており、シャインマスカット(490円)、メロン(780円)、イチジク(1000円)と高価だが、コロナ禍での景気悪化にもかかわらず多い時で1日1000個も売れるという。昨年8月には東京の銀座、六本木、自由が丘に進出。弁才天代表の大野淳平さんに話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る