さすがベッカムJr. 三男が中古パーカを1550万円で売り出し

公開日: 更新日:

 サッカー界の「貴公子」といわれた元イングランド代表のデビッド・ベッカム氏(45)の三男、クルス・ベッカム君(15)がいま、英メディアの話題をさらっている。

 写真で着用している中古パーカをネット上で、なんと11万ポンド(約1550万円)で売りに出したのだ。正確には11万ポンドからオークションがスタートするという。

 そのパーカはルイ・ヴィトンとシュプリームのコラボ商品で、限定商品としての希少価値がある。だが、ベッカム氏の息子とはいえ「英勤労者の平均年収の3倍以上の値段というのはいかがなものか」(英デーリー・スター紙)といった声が上がっている。

 ただ、クルス君はすでに歌手デビューを果たしている芸能人であるばかりか、父ベッカム氏の総資産が7億6900万ポンド(約1084億円)であることを考えると、一般市民とかけ離れた金銭感覚を持つ家族であることは、間違いなさそうだ。

「それにしても」と言いたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る